中古物件価格推定サイトが次々にローンチ!各サイトを比較してみた

インターネット
2015年下半期を振り返ってみると、今までにない、あらたな不動産系ウェブサービスが次々とローンチしたように思えます。その中でも目立つのが中古物件の価格推定サイトです。似たようなサイトがいくつもあってどれを使えばいいのかわからないという方のために、各サイトの特長を比較してみました。
続きを読む

“空き家”活用の「民泊ニュービジネス」が脚光

時事ニュース
マンションや戸建て住宅の“空き部屋”に、安い価格で旅行客を泊める新たな「民泊ニュービジネス」が脚光を浴びています。増大する一方の空き家市場の「利用・活用促進ビジネス」として、「中古住宅市場の活性化」とからめた視点から見ても大いに注目されるところです。
続きを読む

不動産仲介会社様向け「来店型ネット専門店とチーム営業強化で業績アップセミナー」が開催されます!

開催セミナー
きたる10月20日(火)に「来店型ネット専門店とチーム営業強化で業績アップセミナー」が開催されます。船井総研の業界専門経営コンサルタントをゲスト講師に迎え、来店型ネット専門店とチーム営業を駆使して業績アップを行う方法を一挙にお伝えいたします。
続きを読む

【連載】仲介業の「囲い込み」解消へ抜本対策②  ~中古住宅市場の活性化対策~

不動産×ITコラム
自民党政調会の住宅土地・都市政策調査会の「中古住宅市場活性化小委員会」(委員長=鶴保庸介参議院議員・元国土交通副大臣)では、「中古住宅市場の革命」と題して、このほど8つの提言をまとめました。その中の【提言1=「囲い込み」解消の抜本的改善】は前回述べたので、今回は、同じ重要事項の残りの7つの提言を見てみることにします。
続きを読む

【連載】仲介業の「囲い込み」解消へ抜本対策①  ~年明けから「ステータス管理」をレインズに導入~

不動産×ITコラム
不動産流通業界で問題化している、いわゆる「囲い込み」問題の解消に向けた抜本的な対策が、年明けからにも本格化しそうです。 自民党政調会の住宅土地・都市政策調査会の「中古住宅市場活性化小委員会」(委員長=鶴保庸介参議院議員・元国土交通副大臣)がまとめた「中古住宅市場活性化に向けた8つの提言・中古市場に流通革命」を受けて、国土交通省がその具体化を図るものです。
続きを読む

【国内編】不動産探しの際に活用できるデータベース3選

インターネット
東日本大震災後、地盤情報やハザードマップの存在は、物件選びの際の大きなポイントになってきています。自然災害が身近にある日本に住んでいる以上、地域のデータや統計はできるだけチェックしておきたい事項ですよね。今回は、地域の情報がインターネット上から確認できるサービスを紹介していきます。
続きを読む

これぞトレンド、近未来!住宅とIoT―実例5選

IoT
IoTとは、Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」を意味します。自動車、家電、機械設備などの様々な"モノ"とインターネットを接続して通信機能を持たせ、相互に情報をやり取りさせることです。 今回は、住宅や不動産と関わりのある最新のIoTをピックアップしました。
続きを読む

「dronestagram」で見つけた、ドローンで撮ったスゴイ画像9選

インターネット
ドローンで撮った写真・動画の投稿サイト「dronestagram」では、アーバン、カントリー、インダストリアル、スポーツ、ショー&風景など、さまざまなカテゴリから画像・動画を検索することができ、写真コンテストなども開催され賑わいを見せています。その「dronestagram」から、お気に入り数の多い画像を中心にピックアップしてみました。
続きを読む

要チェック!最新お役立ち不動産アプリ3選

アプリ
スマートフォンの普及に伴い、不動産系のアプリも多様化の一途をたどっています。 今回は、物件案内の時の使えそうな便利ツールから、最新のテクノロジーを駆使した注目製品まで、不動産・住宅に関する最新のアプリをピックアップしていきます。
続きを読む

2015年度中にネットのスマホ利用者数がPCを超える?!不動産業界とスマホの在り方を考える

スマートフォン
2015年5月にニールセンより発表されたニュースリリースによると2015年4月時点でのスマートフォンからのインターネット利用者数が、4,832万人と5,000万人にせまる数となっています。不動産サイトを閲覧するときの、一般ユーザーの意識はどうなっているのでしょうか?
続きを読む
12